キャッシングとフリーローンの違いとは

キャッシングでは、借りたお金を原則として翌月に一括で返済します。例えば10万円借りたら、一か月分の利息をつけて翌月に全額返済します。しかし、最近ではキャッシングという名がついていても、実際にはカードローンだったりします。カードローンでは、限度額が設定されて、その限度額の枠内なら自由に追加融資ができます。例えば、限度額が50万円となったら、そのうち10万円だけを借りて、その返済が終わる前にさらに20万円を追加融資するということもできます。そして借金を完済しても契約は終了せず、またいつでも追加融資ができます。

一方、フリーローンでは、一度お金を借りたら後はそのお金を毎月返済していくだけになります。例えば100万円を借りたら、毎月5万円ずつ返済していくといった具合です。そして借金を完済し終わったらそこで契約は終了となり、自動的に解約されます。

カードローンのほうが便利であるように思えますが、フリーローンに比べて計算が複雑になるので破綻のリスクは大きいです。無理な金額を借りたりせず、計画的に利用することが大切です。